楽めっとコス@

検索語句:原爆をAmazonで検索

*年齢制限があるものが表示される可能性があります。全体から検索する場合並び替えの指定はできません。
今までで検索された。語句一覧 最近の検索語句:原爆  中村りかこ   jufd786   [^pcp   楽ギフ   

<<前のページ  次のページ>>
1  2  3  4  5             

わたしがちいさかったときに―原爆の子 他より (若い人の絵本)
発売日:
メーカー:童心社
著者:長田 新
価格:¥ 1,296    中古:¥ 155
カテゴリー:Book


the 原爆オナニーズ
発売日:
メーカー:
著者:
価格:    中古:
カテゴリー:Digital Music Artist


神の火を制御せよ──原爆をつくった人びと
発売日:
メーカー:径書房
著者:パール・バック
価格:¥ 2,484    中古:¥ 819
カテゴリー:Book
題「Command the Morning」は旧約聖書「ヨブ記」38章12節からとられている。  「ヨブ記」は、信仰篤く善人そのものであるヨブが神によっていわれない苦しみを背負わされる物語だ。地獄の底から抗議するヨブに対して神が応えた言葉が「それではお前は朝に向かって命令したことがあるのか?」というものだった。太陽も月も星も神によって創り出され、神の言葉ひとつで朝は夜にも昼にも転じる。どの人間にもこんなことはできない。神の前に人は無力で小さなものであり、善であることに安住する意味はない。人はただひたすらに神を畏れ、神に全身全霊を預けるべき存在である。こんなところが「ヨブ記」のメッセージかと思うが、その中の一文を引いて題名としたこの小説は、核兵器を開発した人間たちの神をも畏れぬ傲慢を描く意図であっただろう。  小説中、科学者たちが原爆を製作したのは、ナチスが核兵器を開発し世界を破滅させるのを防ぐためであり、アメリカの核兵器保有が抑止力となって戦争を終結させ得る希望のためだった。日本にそれを投下することについては科学者たちはそれぞれの内面の倫理から反対をし、また葛藤をしていた。  それでは誰が原爆投下の決断をしたのか。政治判断、軍事決断の責任はアメリカ大統領トルーマンにある。しかしトルーマンは言うだろう、原爆ができていたから使ったのだ、日本本土侵攻によって失われる50万のアメリカ兵の命を救うために、と。  朝にむかって命令する準備は整った、では誰がどんな責任で命令を下すのか。

原爆小景 合唱作品集
発売日:1996-01-25
メーカー:フォンテック
著者:
価格:¥ 2,504    中古:¥ 1,500
カテゴリー:Music


原爆体験記 (朝日選書 42)
発売日:
メーカー:朝日新聞出版
著者:
価格:¥ 1,296    中古:¥ 1
カテゴリー:Book


サイエンスポスター〜原爆ビキニTEST24×36軍事1946 平行輸入
発売日:
メーカー:Generic
著者:
価格:¥ 3,400    中古:
カテゴリー:Office Product
"※海外在庫品です。 お届けまで3週間~4週間かかります。 ※サイズが若干違う場合があります額縁を作られたり、購入されたりする場合は、ポスターが到着して実測することをお勧めします。 ※輸送中の破損により、正常に商品をお渡しできない場合は返金対応致しますので予めご了承お願いします。 "

NHKスペシャル デジタルリマスター版 映像の世紀 第5集 世界は地獄を見た 無差別爆撃、ホロコースト、そして 原爆 [DVD]
発売日:2016-01-22
メーカー:NHKエンタープライズ
著者:
価格:¥ 2,506    中古:¥ 2,255
カテゴリー:DVD


原爆災害―ヒロシマ・ナガサキ (岩波現代文庫 学術149)
発売日:
メーカー:岩波書店
著者:
価格:¥ 20,636    中古:¥ 687
カテゴリー:Book


「社会の裏側!」66……「モンサント社」という企業を、少し考えてみようと思います!: ヒロシマ原爆の開発に取り組み、731部隊にも関連し、いまは「遺組み」によって世界の農民を苦しめているこの企業の源とは
発売日:2017-04-27
メーカー:
著者:山田博士
価格:    中古:
カテゴリー:eBooks
★概要

どんな企業も、どんな国も、その過去の歴史を見れば、だいたいそ
の正体が分かるモンです。
これは個人でも同じ。

この「モンサント社」という企業は、いったい、どういう過去を持
っているのか。

第二次世界大戦中、日本の広島に投下する原爆の開発をしていたの
が、アメリカの「マンハッタン計画」でした。
ところが、この「モンサント社」の社長であったトーマスという人
が、大きな顔をして、これに参加しているんですね。

つまり、あの広島の原爆製造に、この「モンサント社」が深く関わ
っていたというわけなんです。なんとかして、日本人を破滅させた
いという気持ちが、そのころからあったようです。

それがいま、欧米諸国とは異なり、とくに日本の大地の隅々にまで
「遺組み」(遺伝子組み換え)作物を広めた理由です。
なんとも、すさまじい。

そして、あの大問題になったPCB(ポリ塩化ビフェニル)。

このPCBには、置換(ちかん)塩素の位置によって合計209種
もの異性体(いせいたい)が存在するのですが、その一つに、「ダ
イオキシン類」になるものがありました。
「とんでもない働きをする」化学物質が、このPCBです。

PCBは、「環ホル」(上述)の一つでもあり、電気のトランスなど
に広く使われ、世界中にこのPCBがバラまかれました。

このPCBを製造していたのが、じつはこの「モンサント社」でした。
いやあ、よくやってくれますよね(皮肉です)。

そして、再び先の「大戦中」の話に戻ります。

当時、日本軍は、中国の黒竜江省のハルビンに、「生物化学兵器
(BC兵器)研究所」なるものを作っています。

ここで、石井四郎や内藤良一たちを中心とした、「陸軍731部隊」
が、中国人3000名に対して、コレラ菌などを強制的に注射した
りして、残酷な人体実験を行ったわけですね。

このような非人道的な行為は、完全に、日本の歴史上恥ずべき汚点
です。
いかに、欧米列強に抗した戦争だといえども、こんな人体実験は、
とても許されるはずもありません。

ただ当時、日本軍に「バイオテクノロジー」の知識があるばずもな
く、その人体実験の担当は、日本国内から派遣された化学者がして
いました。

その化学者の大部分が、じつは日本の代表的薬品メーカー「武田薬
品工業」の研究者だったんです。

つまり、その731部隊というのは、武田の「満州支社」……のよ
うな存在だったわけなんですね。

戦後、そうして得た貴重な人体実験の資料は、アメリカ軍を通じ
て、「武田薬品工業」の事業提供企業である「モンサント社」へ渡
されたと言います。

その資料が、回り回って、今度は、のちに、ベトナム戦争で使われ
た枯葉剤(かれはざい)に応用されているわけですね。

まあ、そのような過去を持っている企業が、いま「環ホル」や「遺
組み」(遺伝子組み換え)分野に躍起になる。

なるほどねえ……という気がしませんか(笑)。

本書では、分かりやすくサッと読める文体で、こうした問題をまと
めてあります。
ぜひ、ご活用下さればと、思います。


原爆の子―広島の少年少女のうったえ〈下〉 (岩波文庫)
発売日:
メーカー:岩波書店
著者:
価格:¥ 778    中古:¥ 25
カテゴリー:Book


<<前のページ  次のページ>>
1  2  3  4  5             
稼ぐなら'コレ'!日本初!!「継続報酬型」アフィリエイト サムライクリック!
検索結果:原爆を表示しています。
リンク
アマゾン検索の楽めっと検索The   ドッゾ~ラ デイリー楽天市場 ランキング
skyras(スカイラス) 商品検索原爆   原爆   相互リンク集リンクくん
最中:原爆   最中2:原爆
Top@原爆   あまま@原爆   StepMakehp@原爆